IMGP0857

こんにちは!仙台のコワーキングスペースcocolin(ココリン)です!

cocolin運営チームでは「最近コワーキングスペースをとりまく環境って変わってきたよね?」という話がたびたび上がっています。確かに、cocolinが出来た2012年と今とではまずコワーキングスペースの数が違います。仙台市内だけでも10軒くらいあるのではないでしょうか?

けれど、cocolinに見学にいらっしゃる方で最も多い質問が「そもそもコワーキングスペースって何?」。認知度は上がってきたものの、まだまだ身近じゃないのです。
 

そこでcocolinチームは急きょ「コワーキングについてもっと知ってもらおう」と情報発信を決定! 今回から数回に渡る連載になります!

第1回の今回は「そもそも、コワーキングスペースって何?」。
これを読めばどんな場所か分かる...はず!?



■コワーキングスペースって何をするところ?

コワーキングスペース=Coworking Space。
Co-Working Spaceと表記したほうがわかりやすいかもしれません。

coworking

「working(ワーキング)」と付く通り、主に仕事をするところです。 ここに、「協働」「共に」を意味する“Co”という接頭語がつくことで、「同じ空間で別な人と働く場所」という意味になっています。

ただ、ここでいう「共に」は、“別な会社/業種の方と一緒に”というニュアンスで、他の社員と一緒に協力するという意味ではないです。それだと普通のオフィスになってしまいますからね。


■コワーキングスペースってどんな人が来るの?

一般的には、独立した起業家の方や起業を目指している方、フリーランサーなどが多いです。

ただ、コワーキングスペースの数が増えてきたことにより、利用者の層というのも各施設により特徴が出てきています。例えば、「勉強・自習OK」「IT関係特化」「私語NG」「会議室あり」など様々。高校生が自習できるコワーキングスペースというのもあります。

IMGP0814
cocolinには会議室もあります


ちなみに、cocolinを利用されているのは起業家および起業を目指している方が多く、その業種はバラバラです。 また、法人会員も受け付けていますので、IT企業のサテライトオフィス作業場所+打ち合わせ場所としても利用されています。


■どんな料金体系?

コワーキングスペースの料金体系は、代表的なところで2種類。

・ドロップイン:利用した日・時間の分だけ支払う方式

・定額制:月額何円など期間に応じて支払う形式

簡易的に作業をしたいのであれば、ドロップイン形式は気軽でいいですよね。 他方、定額制は「支払ったのだから頑張ろう!」と動機付けにもなります。

ちなみに、コワーキングスペースcocolinは定額制のみで、ドロップインは行っていません
cocolinはコワーキングスペースに珍しく「事務所として登記ができるコワーキングスペース」なので、継続的に利用することに適しています。また、定額制であるために来ている人はみんな常連さんというポイントも大きいです。コミュニケーションがとりやすいことで、他の人の事業とコラボレーションがいくつも誕生しています


■興味があるなら、まずは見学!

いかがでしたでしょうか? コワーキングスペースってどんな場所だかイメージがつかめたでしょうか? まだイメージがわかないという人も実際に使ってみたいという人も、一度見学されることをおすすめします!

編集担当者としては、コワーキングスペースを選ぶ時の基準は「他の入居者を考えること」かなと思います。 アクセスの良さで選んだコワーキングスペースでも、例えばIT系コワーキングに教育関係が一人ぽつんといると「場違いかな?」と感じてしまうこともあります。コワーキングスペース運営の方がその辺をうまくカバーしてくれたりしますので、そこも踏まえて一度見学して、現場を知っておくことが重要です。

ちなみに、コワーキングスペースcocolinでは随時見学申し込み受付中です。 予約して頂けますとスタッフが丁寧に付帯設備・サービス等ご案内させて頂きます。

cocolinはJR仙石線「榴ヶ岡駅」から徒歩2分。仙台駅からも徒歩15分の場所にあります。

ご見学お待ちしております!

kengaku

第2回「ズバリ!コワーキングの魅力って何?」に続く!