今回は佐藤寛さんにお話を伺いました!


1441537_553134804762621_390514807_n

―――――――――――――――――――――――――――――――

Q.『佐藤さんの現在の活動内容を教えてください。』


「もともとホテル・旅館の関係の機関システムの販売を行っていました。震災をきっかけに独立を考え、退職してから3月で2年目になります。現在は、東京でホテル関係にシステムの提案の仕事をしつつ、行政書士の資格の勉強をしています。」


「ビジョンとしまして、東京・都市圏からお客様を東北に招き入れる一連の流れを作ろうと考えています。ホテル・旅館の不動産のような役割りを担い、そこに機関システムの提案をし、送客を行いたいと思います。ホテル・旅館の売買のためには書類の手続きが必要になってくるのでそこで行政書士の資格が必要になります。売買の次のステップとして、ホテルの改善をさせないといけません。現在の本業である機関システムの提案をしていきます。経営が軌道に乗りましたら、次にお客様を招き入れなければなりません。実は、旅行代理店の資格を持っていますので、お店を立ち上げて、送客をしていきたいと考えています。一連の流れができましたら最後には財務会計、資産運用をしていかなければなりません。12月にファイナンシャルプランナーの資格を取りましたので、システムコンサルタントとして運用していきたいと思います。」


Q.『cocolinに入居されたきっかけは何ですか?』


「MAKOTOの社員さんとNavisビルで打ち合わせを行ったときに帰り際にcocolinを見かけました。当時、叔父の会社に居候をしており、仕事ができる場所を探していました。仙台にシェアオフィス、コワーキングスペースがあることを知りませんでした。MAKOTOの社員さんの紹介により、コワーキングスペースの存在を知り、入居しました。」


Q.『cocolinに入居して良かったことは何ですか?』


「繋がりを増やすことができたことです。地元とはいえ、東京で仕事をいていましたので、ほとんど繋がりがないという問題点がありました。普段は東京をメインに仕事をしているため、宮城の情報がほとんどわかりません。宮城の情報を得ることができ、cocolinで起業家の方と知り合うことができる点が良かったことですね。」


IMG_5480

Q.『営業で気をつけていたことは何ですか?』


「厳密にいうともともと営業を行っていたわけではありません。サポートエンジニアを7年行い、後半の8年を営業していました。何か困ったことがあると駆けつけ、トラブルを解決していたのですが、商売を行うというより、相談を受けていた、に近いかもしれません。お客様にも『何かを売りつける営業マン』というよりも『コンピューターに詳しい人』という印象しか持たれていませんでした。営業をしようと思って行っても結局相談を受けているって感じでした。」


「営業には二面性が必要何ですよね。会社の利益の為にも働かなければならないのですが、それとは別に客観的に自分がやりたいことをお客様にも伝えていかないと信用を得ることができないんです。私の場合は会社を維持する為に営業を行いますが、個人的には東北の復興のために仕事をしていると言えます。『売ることによって東北を復興させたい』『東北を復興させる為に、お客さんと会いたい』必ずしも、営業の目的は1つじゃないと思っています。会社はあくまでも自分がやりたいことのための手段ですね。」


Q.『佐藤さんの趣味は何ですか?』


「趣味はたくさんあります。ホテルに興味を持ったきっかけが各地の歴史が好きで観光地を巡っていました。実は、各地へ出張が多い仕事がしたくて前の会社に勤めていました。笑

 
コンピューターを始めたきっかけはバイクでした。学生のころ地理を専攻していまして「バイクが与える温暖化の効果」を調べていまして、各地で排気ガスを測って調査をしていました。スピードを感じられるものが好きなんですね。

 歴史が好きで各地の観光地をバイクで巡り、観光地へお客さんが集まる理由を自分なりに分析していました。今は、首都圏にいるため、バイクにあまり乗らなくなり、陸地がだめならと海にシフトチェンジをし、今はジェットスキーや船、ダイビング、サーフィンをしています。


短い時間の中で、佐藤さんの素敵な人柄を伺うことができました!

佐藤さん、お忙しい中大変ありがとうございました!

IMG_5483
 


cocolinについてもっと知りたい!という方はコチラ→http://www.cocolin.jp/


お問い合わせはコチラ→http://www.cocolin.jp/contact.html


(インターン目黒)